ネイティブの若者がよく使用する挨拶の言葉としてWhat’s up?がある

ネイティブの若者がよく使用する挨拶の言葉として、What’s up?というくだけたものがあります。
What’s up?というのは、意味が最近はどう?ということになります。
この表現は、ネイティブの若者が挨拶をする際に毎日よく使用しているものです。
状況を問い合わせるというよりは、むしろすれ違いざまに「おう!」というような挨拶や、軽く「何をしている?」というように声を掛けるようなものです。
What’s up?に対して返事をする場合には、Not much.と言います。
Not much.というのは、意味が特に何もない・変わらないということで、この表現をネイティブはよく使用します。
What’s up?と挨拶された場合には、反応的に意味に関係なく返事をすることも多くあります。
なお、Not Muchと意味合いが同じような返事の言葉としては、Nothing. Nothing particular.Nothing much.Not a lot.というようなものがあります。