同じような意味なのに書き方だけ違うようなものも

「皆さん」という意味を持っている単語として、everyoneやeverybodyという単語があります。この2つは違っている単語ではなく、殆ど同じ意味として利用されており、皆さんやみんなという使い方をしています。しかし、書き方が違っているだけでなく、文章表現の違いなどによって、この2つは区別されているのです。

everybodyは、皆様というより、みんなというイメージが強く残されているので、ネイティブ圏だとしっかりしたイメージがありません。そのため、Trying to act in everybody.とする場合、軽いイメージで話をしている言葉となり、ビジネスでは利用できないのです。

一方のeveryoneは、硬いイメージを持っている皆さんに使われている言葉です。先ほどの文章が、Trying to act in everyone.となっている場合は、ビジネスでも利用することができます。軽いか重いかを理解して使うことが大事ですが、everyoneはevery oneと分けて表記することもあり、使い方が複雑な単語でもあります。